こんにちは、くまはちです!

社会的奴隷からの脱却を目指して、今日もやっていくことにしましょう。

 

今回はワードプレスに関するお話です。

ここでは会員制ページの作成方法を解説していきたいと思いますよー。

僕自身、会員制ページを作成したいなとは思っていたのですが

どうすればいいのかまったく分からなかったものです。

調べ方も全然分からなかったときもありましたしね…(;^ω^)

 

さて、ということで今回はエックスサーバーを利用した、

一番簡単な会員制ページの作成方法を解説していきます。

同一ドメイン内の、一部分をパスワード制にする方法ですね。

 

さっそくやっていくことにしましょう!

 

会員制ページはどういう流れで作る?

さてさて、会員制ページというのは、

パスワードを使用してサイトの一部分に鍵をかけ、

そのパスワードを知っている人しか入れないようにしているページですよね。

 

今回はエックスサーバーを利用したページの作成ですが、

どのような流れでやっていけばいいのでしょうか?

具体的な方法を解説する前に、先に大まかな流れを解説しておきたいと思います。

 

1、同一ドメイン内で2つのワードプレスを実装する

例えば僕のこのサイトの場合、

http://kumahachi.ne.jp/

というのがメインページのURLとなっています。

この「ne.jp/」のあとに、例えば「ne.jp/secret/」といった感じで

アドレスを付け足したURLに新たにワードプレスを導入することによって、

同一ドメインの中に新しくメインページを作成することが可能というわけです。

日本語難しいな(;´・ω・)

 

こうすることによって、同一ドメイン内の中でも

違うテーマを使用したページを作成することができたりします。

 

2.会員制ページを実装したら、ページ自体にプラグインでパスワードをかける

会員制ページを実装したら、

その会員制ページのダッシュボードからプラグインでページ自体にパスワードをかけます。

 

 

これで、パスワード付きの会員制ページが出来上がるわけですね。

ちなみに、会員制ページは新たにダッシュボードを使用して

一から作り上げていくことになるので、

メインページとは別のテーマを使用して作成することも可能です。

 

そういった面では、自由度が増しますので色々と挑戦してみてくださいね。

 

では、改めてやり方を図解で説明していきたいと思います!

 

同一ドメイン内に2つのワードプレステーマを実装

まずはエックスサーバーの『サーバーパネル』へログインしましょう。

サーバーパネルは以下のURLからログインすることが可能です。

 

エックスサーバー:サーバーパネルへ

 

サーバーパネルへとまずはログインしましょう。

ログインしたら、↓のような画面に移動するはずです。

 

 

 

↑ホームページという欄から、【自動インストール】を探してみてください。

 

 

 

←拡大した図はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑自動インストールを選択すると、続いてインストール先を指定することになります。

ドメイン選択画面に切り替わりますので、

あなたが使用したいドメイン名を選択しましょう。

 

↑ドメインを選択すると、上のような画面になります。

【プログラムのインストール】を選択してください。

 

【プログラムのインストール】を選択すると、

何のプログラムをインストールするか選択する画面になりますよね。

 

今回はワードプレスを導入するのが目的なので、

ワードプレスを探し出して【インストール設定】を選択します。

 

↑ここからが大切!

 

①~④を順番に記入していきましょう。

 

①:違うテーマを実装したいページのURLを作成する

②:ブログ名(ページ名)

③:あなたのメールアドレス

④:インストール

 

①がとても重要です。ここでは会員制ページの作成をしたいので、

そのURLを「secret」と置きます。

それ以外の②、③もすべて記入して、④インストールをクリックしましょう!

 

↑はい、こんな感じになりました。

ブログ名は、ここでは『Evergreen Affiliate Life』となっていますが、

自由にしていただいて結構です…当たり前の話ですけど(;^ω^)

 

ということで、【インストール(確定)】をクリックすると

↑のようにインストール完了画面になります。

上の図の、赤い枠で囲ってある部分ですね。

 

そこからシークレットページのダッシュボードに入ることができますので、

ID、パスワードを控えておいてダッシュボードにログインすることにしましょう!

 

↑これで、同一ドメイン内に2つ目のワードプレステーマを実装することが可能になりました!

あとは、1つ目と同様に【外観】からシークレットページ用のテーマを導入しましょう。

 

次に、このシークレットページ専用アドレスすべてにパスワードをかけていきます。

 

プラグイン【Password Protected】でページ自体にパスワードをかける

↑で作成したページに、プラグインでページ全体にパスワードをかけます。

作成した方のダッシュボードに入り、そこからプラグイン検索をしてください。

 

 

← ダッシュボードの下の方に、【プラグイン】といいう場所があります。

 

 

 

そこをクリックした後、【新規追加】という

項目が出てきますのでそちらからプラグインをダウンロードして、

インストールしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

↑【新規追加】を選択すると上のような画面に変わります。

右の赤い枠で囲ってある部分に【Password Protected】と入力して、

プラグインを検索しましょう。

 

 

←こんな感じ。

 

 

↑【Password Protected】が出てきたら、【今すぐインストール】を選択します。

これで、お使いのダッシュボードにプラグインが導入されますよー。

 

↑インストールが終わると、右上の文字が【有効化】に変わりました。

【有効化】をクリックして使用している状態にしましょう!

 

↑クリックすると、ページが切り替わってプラグインがすべて表示されている画面になります。

その中から【パスワード保護】となっているプラグインを探し、

【設定】の部分をクリックしましょう。

 

クリックすると、↑のような画面になります。

 

パスワード保護状況:パスワードを設定するかどうか?

許可する権限:パスワードが不必要なユーザーを選択することができる

新しいパスワード:ここにパスワードを入力する

許可するIPアドレス:特定のIPアドレスに、パスワードを入力しなくても良い権限を与える

 

これらを設定して、【変更を保存】をクリックしてください。

 

【変更を保存】すると、アクセスしたときにまず↑のパスワード入力画面になるようになります。

 

これにて、シークレットページの作成は完了ですね!

あとは、この新しく作成したページのダッシュボードから、

記事を作成していけば完了となります。

 

まとめ:シークレットページの作成はアフィリエイターにとって様々な利点がある

会員制ページと一概に言っても、アフィリエイターにとって様々な利点があります。

 

まずは特典ページを作成したり、その他にも無料レポートのページにしたり。

いずれ商材販売者となるつもりがあるならば、

必ず覚えておいてもらいたいことでもありますね。

 

この方法でシークレットページを作成するのは少し手間と言えば手間ですが、

例えば会員制ページを作成した場合、

そのページは会員制ページ専用のテーマを導入することになります。

 

手間がかかる分、きちんと会員制ページに特化したサイトが作成できるのが利点です。

いちいちページごとにパスワードをかけたり、

ヘッダーをページごとにいじるのは専門知識も必要になってくるので非常に重労働となります。

 

なので、今回は一番簡単なシークレットページの作成方法を紹介させていただきました。

是非とも挑戦してみてくださいね!