こんにちは&こんばんは! くまはちです!

今回も社会的奴隷からの脱却に向けてやっていきましょう!

 

今回はFTPソフトと呼ばれる無料ソフトを使用して、

あなたが入手し設定したサーバー上にデータをアップロードする方法を

前後編に分けて解説していきたいと思います!

 

まずは前編、FTPソフトのインストール方法ですね。

こちらを学んでいくことにしましょう! 

 

ちなみにFTPソフトを使えるようにならないと、ワードプレスブログ上で

何か特典を置きたい(zipファイルやmp3ファイルなど)といったときに

どうしようもなくなってしまいます。

 

FTPソフトの使用はそこまで難しいことでもないので、

きちんと覚えて是非ともFTPソフトを使用できるようになってくださいね。

 

FTPソフト・FileZilla(ファイルジラ)をインストールしよう!

FTPってそもそも何の略? と思ったあなた。

安心してください、僕も知りません( ゚д゚ )

 

要するにFTPソフトとは、サーバーに繋げて

パソコン上のデータをサーバーに送ってくれるソフトのことです。

 

それだけ知っていれば何の問題もありませんので

難しく考えないようにしてくださいね^^

 

 

FTPソフトには様々なものがありますが、

僕が使用しているのはFileZilla(ファイルジラ)と呼ばれるものです。

…ので、今回はこのFileZillaのインストール方法を解説していきますね。

 

その他のFTPソフト(ffftpなど)をインストールしたい!

ともしあなたが思ったのならば、ネット上で検索して

そちらをインストールしていただければと思います。

 

まぁ正直、どれも性能は変わらないですけどね(;・∀・)

 

ではでは、FileZillaのインストールについて解説していきますよ!

まずは以下のURLからFileZillaのサイトにアクセスしてください。

 

http://filezilla-project.org/

アクセスすると↑のような画面になります。

赤い枠で囲っている部分がダウンロードできる場所なので、

こちらをクリックしましょう。

 

クリックするとこんな感じのページになります。

赤い枠で囲ってある【Download】をクリックしてください。

右側は高性能ですが有料になるプロ版です。

 

【Download】をクリックすると↑のページに切り替わります。

赤い枠で囲ったところをクリックすると、ダウンロードが開始されますよ!

 

↑ダウンロードが終了したら、

ダウンロードしたフォルダからFileZillaのソフトを選んでくださいね。

通常は【ダウンロード】というフォルダに入っているはずです^^

こちらをクリックしてインストールを開始しましょう!

 

ユーザーアカウントの制御というのが出てくるかもしれませんが、

こちらも【OK】を選択してインストールを開始してください。

ユーザーアカウント制御をOKすると、↑の図が表示されます。

赤い枠で囲った【I Agree】を選択して次へ進みましょう。

 

ちなみにこの画面は、ライセンスの同意書になります。

はい、ライセンスを同意すると、↑のような画面が出てくるかもしれません。

こちらはFileZillaとは全く関係ない

オマケソフトをインストールするかについてですね。

 

必要ないので、赤い枠で囲った【No】の方にチェックを入れた後、

Nextを選択してください!

 

その後、インストールの画面に入ります。Nextを選択しましょう。

 

↑は、『誰がFileZillaのソフトを使用できるようにするか?』

という選択です。もしあなたが家族と共有のパソコンを使用していて、

FileZillaを使用していることがバレたくない!というのでしたら

【Only for me】にチェックしてください。

そんな人いないと思いますが…(;´・ω・)

 

次は【何をインストールするか?】という項目です。

特にいじる必要はありません。

そのままNextを選択してくださいね。

 

こちらもいじるのはやめておきましょう。

そのままNextを選択!

 

↑この画面まで来たら、特にいじらずにそのまま

【Install】をクリックしてください。

これにてインストールが開始されますよ!

 

↑はい、インストールが終わりました!

赤い枠をクリックして、インストール画面を終了させましょう。

自動的に、FileZillaが起動するはずです。

 

↑こんな感じで起動しました!

ということで、これにてインストールは完了です。

 

でもこれじゃ、パソコンの中にFileZillaをインストールしただけ。

肝心のサーバーとの接続設定はまだ全然済んでいません。

今度はFileZillaをサーバーと接続させて、

FileZillaからサーバーにアクセスできるようにしましょう!